スポンサーリンク

長時間フライト後も化粧崩れしない7 つのコツ

6時間を越える長時間のフライトの後、到着空港に降り立って、トイレで見たときの自分の顔にギョッとしたことはありませんか?飛行機に登場する前、せっかくばっちりメイクした化粧も、ぼろぼろ、髪の毛は乱れているし、目の下にはクマが・・・。もう、こんな失敗をしないための、長時間フライトで化粧崩れしないコツを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




長時間フライト後もきれいでいたい

長距離フライトのあとでも化粧崩れしないコツ

海外セレブ来日のときに、空港で報道記者に撮影されるシーン、よくありますよね。10時間を越えるフライトのあとで、どうしてあんなに美しくいられるのかしら、って思ったことありませんか?

飛行機の中は、とても乾燥しています。それだけでも、肌にとってはよくないですよね。しかも、飛行中はすわりっぱなしなので、お気に入りの服にもシワが・・・。

到着先の空港では、彼氏がお迎えに来ているというシチュエーションもあるかもしれません。そんなときに、いくら長時間のフライトで疲れているとはいえ、やっぱりきれいで素敵な女性でいたいものです。

1.飛行機に乗るときの服装

長距離フライトのあとでも化粧崩れしないコツ、服装

飛行機の中では、ほとんどの時間座ったままの状態になります。それだけ長い時間同じ姿勢でいると、服にシワができるのは当然です。

旅行だからといって、流行のお気に入りを身に着けていても、到着したときには、出発前のおしゃれさんとは、ほど遠い状況になっているということも。

4時間を越える、中長時間フライトの時には、服装はできるだけシワになりにくものを選びましょう。できるだけシンプルで着崩れしないものがオススメです。

旅行にはジーンズという人も多いと思います。でも私は、ジーンズよりもリラックスできるレンギスや、カジュアルなファッションなら綿パンをおすすめします。レンギスも、脚を締め付けないタイプのものを選んでくださいね。

季節や渡航する国にもよりますが、トップスは、ざっくりしたものが良いと思います。夏ならTシャツや薄手のカットソーやニットなども楽です。あっという間にしわになるシャツなどはNG。

また、飛行機の中は冷えることがあります。ブランケットをもらうのも手ですが、自分でもカーディガンなどを持参しておくと安心です。

2.搭乗する前の化粧はベースメイクだけ

長距離フライトのあとでも化粧崩れしないコツ、化粧は完成させない

飛行機を降りたときに美しくいるためには、搭乗する前のメイクは未完成にしておくのがコツです。ベースメイクやチーク、アイブロウなどの「最低限メイク」にしておきましょう。

機内で仮眠することも考えると、マスカラやアイラインは崩れてしまう可能性が高いです。しかも、目の下のクマとあいまって、ハロウィンの仮装状態になってしまうかも。

キメのアイメイクは、飛行機を降りた空港のお手洗いなどで完成させましょう。一番きれいな状態で、迎えに来てくれた人に会うことができますよ。

3.化粧水ミストよりもクリーム

長距離フライトのあとでも化粧崩れしないコツ、化粧水

飛行機内の乾燥が気になる人は、化粧水ミストを利用する人もいるでしょう。しかし、化粧水を顔にスプレーすると、スプレーした直後は潤ったように感じるし、リフレッシュできる効果もあります。

しかし、スプレーされた水分はあっという間に蒸発し、さらにお肌を乾燥させる危険性もあります。

おすすめは、スプレータイプのミストではなく、普段使っているクリームなどの保湿ケア用品です。ほとんどのクリームはベースメイクの上から塗っても乾燥を防いでくれます。乾燥肌であればあるほど、水分と同時に油分を補えるもののほうがベターです。

4.歯ブラシセットを忘れずに

長距離フライトのあとでも化粧崩れしないコツ、歯ブラシセット

機内でも、歯磨きは忘れずに行いたいです。歯磨きセットは、ついうっかりスーツケースに入れてチェックインしてしまうことがあるので、気をつけたいですよね。

歯磨きをすることで、気持ちもリフレッシュできますし、口臭も気にならなくなります。

5.あると便利なアイマスク

機内での仮眠に便利なのが、アイマスクです。最近は、ラベンダーやゆずの香りがついて、温感効果のあるタイプのものが安く販売されています。

これらを携帯しておくと、疲れた目を休める効果や快眠を誘う効果があるので、目の下のクマ予防にも役立ちます。

6.映画やゲームはほどほどに

長距離フライトのあとでも化粧崩れしないコツ、ゲームや映画

最近の飛行機の娯楽は充実していますので、機内での映画鑑賞を楽しみしている人も多いでしょう。しかし、映画やゲームは、睡眠の妨げになり、目の疲労の原因にもなります。

どうしても見たいものだけにしぼって、楽しみたいですね。

7.水分補給

長距離フライトのあとでも化粧崩れしないコツ、水分補給

しつこいようですが、飛行機の中は乾燥しています。飛行中の水分補給はこまめに行いましょう。

また、機内では、いつもアルコールを飲む人も多いと思います。しかし、気圧の関係で酔いが回りやすく、仮眠を妨げる原因にもなります。眠れないときの寝酒として少量を飲むのもひとつの方法ですが、飲み過ぎないようにしたいですね。

海外セレブのように颯爽と空港に降り立つ技

長距離フライトのあとでも化粧崩れしないコツ

ちょっとした工夫で、飛行中の疲れを軽減し、空港到着時も美しい自分でいられます。せっかくの旅行、いつもかっこいい女性でいたいですよね。

番外編として、飛行機の中では、ノーメメイクという方法もあります。しかし、飛行中にも新しい出会いがあるかもしれません。やっぱり、いつもきれいな自分でいたいですよね。