赤い街 マンチェスターの魅力とおすすめ観光スポット

圧倒される赤いレンガの建物たち。マンチェスターは、ロンドンから列車で2時間〜2時間半くらいです。マンチェスターといえば、産業革命やサッカーで有名なイギリス北部の街ですよね。

今回はUKROCK好きさんにおすすめの、マンチェスターの観光スポットをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




マッドチェスタームーブメント

マッドチェスタームーブメン

映画の24hour party peopleなどでも描かれている、音楽ムーブメント発祥のクラブ、ハシエンダ。現在そのクラブがあった場所は同じ名前のフラット(アパート)になっています。

メトロリンク、ディーンズゲート駅を降りてすぐ。建物裏の運河沿いにはハシエンダでプレイした錚々たるバンドの名前が刻まれています。

ファクトリーレコード

FAC251と呼ばれるファクトリーレコード本社

ハシエンダ跡と共に訪れて欲しいのが、FAC251と呼ばれるファクトリーレコード本社です。

今でもイベントなどが行われているようで、若者たちが入り口に集まっていました。マンチェスターピカデリー駅から徒歩10分程で到着します。

ピカデリーレコーズ

ピカデリーレコーズ

続いて、音楽好きならはずせない、レコ屋巡り!マンチェスターといえば、ピカデリーレコーズ!

こちらもマンチェスターピカデリー駅から歩いて10分くらい。オレンジのロゴを探しながらに商店街を歩いていくと見つけることができます。

デジタルダウンロードが主流のご時世ですが、店内では沢山のお客様がレコードを探していらっしゃいました!しかも物価の高いイギリスとはいえ、レコードは安い!

ぜひレアな一枚を発掘してみてください。

FREEでDEEPな街

ゲイビレッジ

いろんな国籍の人たち、中華街、ゲイビレッジ、サッカーや音楽、産業の歴史…、ロンドンの華やかさとはまた違う、力強さや内に秘めたパワーのようなものを感じる街でした。

マンチェスターは観光で行くような街ではないよ。と現地でお話しした方はおっしゃられていました。確かに目立った観光名所がある訳ではないのかもしれません。(音楽やサッカーファンにとっては名所尽くしだとは思いますが…。)

日本でいう下町の感覚でしょうか、イギリスの積み重ねてきた歴史や空気を感じてみたい方は、ぜひマンチェスターを歩いてみてください。とてもディープな街でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク