スポンサーリンク

今からでも間に合う!旅行前ダイエットの方法

航空券も予約して旅の計画もバッチリ!荷造りもほぼ完ぺき…、と旅の準備が着々と整っていくとき、ハッと自分の体型だけが「準備できていない」状態なことに気づいたりしませんか?

旅行中はおしゃれして彼と素敵なお店へ、新しいビキニで海水浴、といろいろな楽しいイベントを控えているのに、お腹のお肉がぽっちゃり、二の腕がプニプニでは、せっかくの記念撮影も消極的になってしまいます。

慌ててダイエット!という人のために、効果を得やすいダイエット方法について調べてみました。旅行直前でも間に合う方法はあるのでしょうか。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




短期間で効果を得るならファスティング

短期,ダイエット,旅行前

旅行まであと1か月しかないという人は、短期間で効果が得やすい「ファスティング」がおすすめです。

ファスティングは、「断食」ダイエットと言われますが、厳密には全く何も口にしないのではありません。ファスティングは、2~3日間の間、固形物を口にせず、ダイエットサポートドリンクなどを飲んで静かに過ごすという方法です。

固形物を口にしないので、摂取カロリーが当然低くなります。そのため短期間で減量することができますが、正しい方法で行わないとかえって体調をくずしてしまったり、リバウンドの可能性もあります。

ファスティングを行う際には、きちんと正しい方法を確認してから行うようにしてください。


ファスティングはツライという人は置き換え

短期,ダイエット,旅行前、置き換え

ダイエット効果は早く感じたいけど、ファスティングはハードルが高い、という人には置き換えダイエットがおすすめです。置き換えダイエットというのは、一日3食のうちで1食か2食を低カロリーのダイエットフードに置き換えるという方法です。

これにより、一日の摂取カロリーを小さくできます。また、初心者にも比較的やりやすい方法ですので、気軽に始めやすいと思います。

ただし、置き換えるダイエットフードを何にするかで、効果的なダイエットができるかどうかが変わってきます。置き換えダイエットに利用する食品は、低カロリーで腹持ちが良く、かつ栄養バランスの良いものがおすすめです。


ファスティングや置き換えダイエットにおすすめアイテムは?

ファスティングも置き換えダイエットも、食事を置き換えるアイテム選びが大切だということになります。では、ファスティングや置き換えダイエットに向いているダイエットフードとは何でしょうか。


1.酵素ドリンク

短期,ダイエット,旅行前、酵素ドリンク

酵素ドリンクとは、「植物発酵エキス液」ともいわれるもので、体内酵素を増やすサポートをしてくれるドリンクです。酵素の説明をし始めると長くなってしまいますが、健康的で安全なダイエットのためには体内の酵素を減らさないことが大切になります。

そのため、酵素ドリンクはファスティング中のサポートアテイムとは最適で、もともとファスティング目的に作られているものもあるくらいです。

最近は酵素ドリンクと言ってもいろいろなものがありますので、選ぶときにはできるだけカロリーが低く、添加物の少ないものを選ぶのがポイントです。

酵素ドリンク 比較ランキング~置き換えダイエットにおすすめなのはコレ


2.青汁やスムージー

エット,旅行前、青汁、スムージー

酵素ドリンクと並んで人気なダイエットアイテムが、青汁やスムージーです。青汁もスムージーもよく似ていますが、スムージーの方が腹持ちが良いものが多いです。その反面、カロリーが低いのは青汁の方が多いみたいですね。

青汁もスムージーも、メインの原料は野菜や果物です。ですので、ダイエット中のビタミンやミネラル不足を補うにはピッタリのアイテムです。

また、野菜や果物以外に、腸内環境を整えてくれるという乳酸菌やオリゴ糖のような成分を配合しているものも多く、ダイエット中の便秘対策としてもよいでしょう。

青汁には「まずい」というイメージを持っている人も多いと思いますが、最近の青汁は非常に飲みやすくなっていますので、だまされたと思って一度試してみてください!

フルーツ青汁比較ランキング~置き換えダイエットにおすすめなのはコレ


3.豆腐やカリフラワーなど

エット,旅行前、低カロリーな食品

上記の2点はスーパーでもネット通販でも購入できます。でも、できるだけお金をかけたくないという人もいるでしょう。旅行前ですからお金はセーブしておきたいかもしれません。

そんな人は、豆腐やカリフラワーといった低カロリーで食べごたえのある食品で置き換えることも可能です。ただし、これらの食品を単品で摂るばかりだとどうしても栄養が偏ってしまいます。

体調をくずすまでひどくならなくても、下手なダイエットのために肌荒れや便秘になってしまうこともありますので、しっかり栄養管理をしながら行うようにしましょう。