海外旅行に必要なお金、どう持っていくのがベスト?渡航先のお金の管理

海外旅行に行くことが決まったら、準備することはたくさんあります。中でも、お金をどのようにして持っていくかは気になる問題ですよね。海外旅行先でのお金の管理方法について、ベストな方法を考えてみたいと思います。

詳しく記事を読んでみる…

海外旅行に必要なお金、どう持っていくのがベスト?渡航先のお金の管理

準備と計画

海外旅行に行くことが決まったら、準備することはたくさんあります。中でも、お金をどのようにして持っていくかは気になる問題ですよね。海外旅行先でのお金の管理方法について、ベストな方法を考えてみたいと思います。

海外旅行にお金を持っていく方法

海外旅行に持っていくお金

海外旅行にお金をどのようにして持っていくかは、次のような選択肢があります。

  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 海外プリペイドカード

一般に、必要なお金をどれか一つの方法に偏って持っていく方法はあまり賢明ではありません。持っていくお金の一部は現金として持ち歩き、他はカードで持っておく方がリスクが抑えられます。

現金で持っていく

海外旅行に持っていく、現金

海外旅行で一番使い勝手が良いのは、やはり現金です。ただし、必要なお金すべてを現金で持ち歩くのは危険です。また、渡航先によっては現地通貨に両替すると札束がかさばることもあり、その場合は物理的に持ち運びに不便です。

必要な金額の一部を現金で持っていくようにします。どの通貨でもっていくかは、渡航先によります。

日本円で持って行き現地で両替する

旅行先で日本円が両替できる国では、日本円を持って行って現地で両替する方がレートが良いのでお得になります。

アメリカドルで持っていく

旅行先で日本円が両替ができない国の場合、日本でアメリカドルに両替して持っていきます。

ユーロで持っていく

旅行先で日本円が両替しにくいヨーロッパの国や、アメリカドルが流通しにくい国にはユーロに両替して持っていきます。

現金で持っていくときに気を付けたいこと

日本から現金を持って行って現地で現地通貨に両替する場合、国によっては、大きい金額の紙幣のほうが手数料が少なくて済むことがあります(つまり、1,000円札を10枚両替するよりも10,000円札を1枚両替する方が手数料が安くなるということです)。

また、現金を持ち歩く際は、数か所に分散して持っておくとリスクを分散できます。アメリカドルの1ドル紙幣などの小さな額を、ポケットや財布に入れておくと、チップを払う時に便利です。

クレジットカード

海外旅行に持っていく、クレジットカード

クレジットカードは、世界中の加盟店で使うことができ、現金を持ち歩く必要がないのでとても便利です。海外でクレジットカードを使用した場合、カード会社の決めるレートによって日本円から現地通貨への両替手数料が加算されます。

クレジットカードによっては、海外旅行傷害保険つきのカードのありますので、これからカードを申込む人は検討してみましょう。

海外旅行傷害保険つきクレジットカードおすすめ

海外旅行に持っていくためにクレジットカードを作るのであれば、海外旅行傷害保険付きのカードを作るのがおすすめです。数あるクレジットカードの中で、私が使いやすいと思うカードを紹介します。

エポスカード

エポスカード

年会費が無料

エポスカードは以前は「マルイカード」の名称だった、小売り王手企業の丸井が発行しているクレジットカードです。このクレジットカードの最大の特徴は、よくある初年度の年会費無料だけではなく、永久に年会費がかからないコストパフォーマンスに優れた点が挙げられます。

海外旅行傷害保険が自動で付帯

エポスカードがおすすめなクレジットカードであることの2点目は、海外旅行傷害保険が「自動付帯」であることが挙げられます。「自動付帯」とは、そのカードを保有しているだけで保険の対象となるというもので、「利用付帯」と対を成す概念です。

事前に申し込みや手続きが不要なものが「自動付帯」にあたり、海外力の際にカードを携行しさえすればOKです。加えて、治療補償額も病気270万円(事故200万円)となっており、ゴールドカード並の保障内容となっています。

両替に便利

エポスカードがおすすめなクレジットカードであることの3点目は、空港のATMでの両替にも便利に使るカードであるという点です。

エポスカード使用による両替手数料は、日数で計算されることになりますが、例えば40日後の引き落としの場合であれば、両替手数料は2%程度で済みます。通常、空港の両替所で実施する場合、5%~10%程度の手数料となるケースが多いため、手数料分をお得に両替できるカードです。

年会費は永久無料!エポスカード

 

Booking.comカード(三井住友VISA)

Booking.com三井住友VISA

国際ブランドがVISAしかないから、迷わない!

Booking.comカード(三井住友VISA)では、国際ブランドはVISAしかありません。VISAは世界で最も加盟店数の多いブランドであり、カンタンに言えばカードが使えるお店・サービスが世界一なのです。

多くのクレジットカードでは、VISA/MasterCard/JCBのうち2-3ブランドから選べるものが多く、JCBを選んでしまうと、世界のどこででも使えるとは言い難いカードになってしまいます。

JCBは日本人に人気のある海外観光地、海外都市では強いのですが、カバー力ではVISAやMasterCardにやはりかないません。

「だったらVISAを選べば、どのカードだって同じじゃん」と思うところですが、カードのWeb申込時はたくさんの情報を入力しますから、国際ブランド選びを間違えて入力してしまうなども、案外起きることなんですね。

無料カードながら、海外旅行傷害保険が充実しており現実的!

Booking.comカード(三井住友VISA)の海外旅行傷害保険は「最大2500万円」です。
ちなみに無料クレジットカードでは、旅行保険は一切ついていないものも多く、ついているだけでもすでに価値があります。

しかし問題になるのはこの「2500万円」という値ではないんですね。これは「賠償費用」の額です。

海外旅行で厄介なのは、病気や怪我の治療です。日本では考えられないような額を請求され、ひどい場合では軽いけがで破産寸前になった例すらあります。

Booking.comカード(三井住友VISA)では、海外における病気や怪我の治療では「最大100万円」が補償されます。これについては、カードを旅行代金に利用しなくても適用となる「自動付帯」です。

自動付帯カードの保険は最大補償額を合算できるので、他の無料タイプカードを作ってももちろんOKです。

作りやすく、ポイント的に面倒なこともない

Booking.comカード(三井住友VISA)は、比較的取得難易度の低いカードであり、しかも年会費は完全無料です。
申込資格は「満18歳以上の方(高校生を除く)」となっています。

いわゆる「属性」の良い方でも、クレジットカードの審査に何故か落ちてしまうことはあり、旅行が迫っているときにそれを食らってしまっては、大変ですね。

キーワードになるのは、カード利用で付与されるポイントがキャッシュバックシステムであること。使ったぶんから1%が自動還元されるというシステムであり、わずらわしいポイント管理も不要です。

海外旅行用にこのクレジットカードを作り、以降はほぼ利用しない状態でも、特に問題ないのです。ポイント管理もそうですが、年会費についてたとえ1,000円台でも費用がかかると、使わず放置していても会費は発生して積み重なり、かなりの損になることだってありますからね。

海外キャッシングが空港両替よりもお得

海外キャッシングも可能で、空港で両替するよりもお得です。例として、こちらのカードのキャッシングは年利18.0%です(5万円~90万円の借入の場合)。

1,000ドル(仮に10万円とする)をキャッシングで借り、10日以内に返した場合、払う利息は約500円弱となります。現金両替ですと100円あたり3円ほどの手数料がかかりますので、1,000円で30円、1万円で300円、つまり10万円相当では3,000円もの手数料になるのです。

このことは他のクレジットカードでも同じですが、「VISA」ブランドであれば、世界中のATMを使えるというのが強みですね。

宿泊予約サイト「Booking.com」で最大6%の割引

トップクラスの旅行・宿泊予約サイト「Booking.com」で最大6%の割引となるのが特徴とされますが、「あえてその部分を抜きとしても」おすすめな海外旅行向けカードが、「Booking.comカード(三井住友VISA)」なのです。

細かいところでは、カードの番号や保有者名が「エンボス」仕様となっていることも見逃せません。

券面に突起のないエンボスレスカード(交通系カードに多い)では、海外一部施設で使えないことがあるのです。そうした一見細い面にまでしっかり配慮しているのも、三井住友カードならではであり、無料でも手抜かりはありません。

ホテル予約最大16%割引 Booking.comカード

 

楽天カード

楽天カード

海外でもポイントが貯まる

楽天カードの最大の魅力は年会費無料で、ポイントが貯まりやすいことです。そのポイントが海外での買物でも、国内と同じように利用金額に対して1%分のポイントで貯められます。

楽天カードは海外でも国内同様に利用可能なクレジットカードです。ですが、海外での利用を考えるのであれば、楽天カードを作る時にはブランド選びに注意が必要です。VISA、MasterCardであればほぼ利用可能ですが、JCBの場合、使えない地域などもあります。

その点を注意すれば、国内同様にどこでも買い物ができ、わざわざ現地通貨に多めに両替しなくても安心して旅行ができます。また、両替には手数料がかかるため、カードで支払いをした方が安く済む場合もあります。楽天カードを使用すれば、さらにポイントまで貯まるので、おすすめです。

海外でもATMから現地通貨が引き出せる

海外旅行中、現地にあるATMを利用し、楽天カードで現地通貨を引き出すことが可能です。

事前に手続きをして、キャッシングサービスを利用出来るようにする必要がありますが、ネットからでもできる簡単な手続きです。

海外で現金を持ち歩くのは不安ですし、また、現金が足りなくなってしまった場合には、とても便利なサービスなのでおすすめです。ただ、旅行に行く前には暗証番号、利用限度額の確認だけは忘れないように注意しましょう。

海外旅行傷害保険がついている

楽天カードには海外旅行傷害保険がついています。ただ、こちらを利用する場合には、条件があります。出国前に旅行か、自宅から空港まで公共交通を使用して交通費の一部を、楽天カードで支払わなければ適用になりません。

海外で、事故に巻き込まれたり、病気になったりした場合、日本では考えられないくらいの莫大な請求がきます。楽天カードでは、死亡、治療、賠償、救援者支援、携行品損害といった保険が使えるようになります。

旅行に行くために必要な費用を楽天カードで支払うだけで、無料で使えるので、楽天カードはおすすめのクレジットカードです。

楽天カード

クレジットカードを使ってATMから現金を引き出す

渡航先で現金が足らなくなった時は、クレジットカードで現地の携帯しているATMから現金を引き出すこともできます。現地の通貨で引き出すことができるので、とても便利です。

クレジットカードを使う時に気を付けたいこと

また、海外旅行でクレジットカードを使用する時は、カード詐欺にも注意しましょう。レストランやショップでのカードによる支払いの際にはわざと間違った金額を入力するケースがあります。カードを使う際には、必ず金額を確認します。

国によっては、カード決済の際にチップを書き込む欄があります。チップをゼロにしたい場合は「0」を書き込みましょう。何も書き込んでいないと、お店の人に勝手に記入されてしまうことがあります。

デビットカード

海外旅行のお金の管理、デビットカード

デビットカードは、取り扱い店舗でカードを使用すると、自分の銀行口座から使った分の金額が差し引かれるという仕組みです。クレジットカードと異なり、カードで決済したのと同時に口座からお金が引き落とされます。

最近は、VisaやMasterなどのマークがついたデビットカードが多く、海外のVisa、Master提携店舗で使用することができます。

銀行によっては、あらかじめ設定する必要がある場合もありますが、海外の多くのATMで現地通貨として現金を引き出すことも可能です。クレジットカードと異なり、自分の銀行口座に入っている金額を超えて使用することは(基本的に)できませんので、使いすぎる心配がありません。

海外プリペイドカード

海外旅行に持っていく、プリペイドカード

カードにお金をチャージしておけば、VISAやMasterなどの加盟店で使えるカードです。クレジットカードとは異なり、あらかじめ自分が入金しておいた金額内でしか使うことはできません。口座にお金が足らなくなったら、ネットバンキングから口座に振り込むことも可能です。

海外旅行先でのショッピングの際に、一般のクレジットカードを使って買い物するより、両替手数料などがお得になるのが魅力です。

海外の携帯ATMから、現地通貨を引き出すことが可能で、その場合、クレジットカードのキャッシングよりかなり手数料が安くてすみます。

また、海外プリペイドカードによっては、日本円以外の通貨で口座にお金をキープしておくこともできます。この場合、レートが良い時に日本円から外貨に両替しておくことが可能です。

クレジットカードと異なり、審査もないので、カード申し込みから発行までも速いですし、銀行口座を用意する必要もありません。

海外旅行のお金の管理!海外専用プリペイドカードって何?そのメリットと使い方
海外旅行の準備として、どうやってお金を持っていくかということは悩ましい点です。現金、クレジットカード、トラベラーズチェックなど、それぞれにメリットデメリットがありますので、いろいろな方法を組み合わせて持っていくのがおすすめです。 さら...

 

おすすめ海外専用プリペイドカード

新しい海外旅行の必需品【マネパカード】

お財布のような海外専用プリペイド!「キャッシュパスポート/マスター」

 

リスク分散で安全な旅を!

海外旅行に持っていくお金、旅の安全

海外旅行に持っていくお金の管理方法でした。いずれの方法にしても、メリットとデメリットがあるので、いくつかの方法に分散してお金の管理を行うのがベストです。

また、お金や貴重品を持ち歩くには、マネーベルトを利用すると安心です。大切なものは肌身離さず身に付けておくようにしましょう。安全で楽しい海外旅行ができるように、万全の準備をしておきたいですね。

【メール便配送可能】貴重品を携帯【イーグルクリーク アンダーカバーマネーベルト】eagle creek トラベルグッズ 【ポイント10倍】(マネーベルト ベルト おしゃれ 海外旅行グッズ 防犯グッズ 便利グッズ セキュリティーポーチ シークレットポーチ 旅行用品)

価格:1,360円
(2017/8/23 05:14時点)
感想(4件)

トップへ戻る