身軽な旅をするための海外旅行荷造り9つのコツ

海外旅行先に、持っていく荷物、結構悩みますよね。

「使わないものは持っていかない」のが、原則ですが、
ついつい「もしかしたら使うかも・・・」なんてやっていると、
どんどん荷物は膨らんでいきます。

海外旅行で荷造りする時のコツをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




1.迷ったら持っていかない

14614373340_bf56d512e7_b
photo credit: Now this is a great Idea via photopin (license)

「使うかも」と迷ったら、持っていかないことにしましょう。
スーツケースにしろ、バックパックにしろ、収納範囲は限られています。

本当に必要なものは、迷うことなく、パッキングするはずですので、
自分の直感を信じましょう。

「あったら便利かも・・・」というものは、潔く置いていきます。

2.重いものは下、もしくは背中側へ

3986596020_6f40cc3c12_o
photo credit: Gotta get to gate 6 via photopin (license)

スーツケースの場合、重いものは立てた時に下にくるようにします。
バックパックなら背中側におくようにすると、重心が取りやすいです。

3.液体などは必要な分量をできるだけ小さく

3208266669_fe1ff777db_o
photo credit: 27/365 – She Waits… via photopin (license)

シャンプーや化粧品などの液体は、意外と重くなります。
100円ショップなどで小さな容器が売られているので、旅の日程に合わせて
必要な分だけ持っていくようにしましょう。

液だれしないようにまとめてジップロックなどに入れると安心です。

4.壊れやすいものはタオルなどで巻いて、中央部へ納める

5534814670_ee0673e005_o
photo credit: [ T ] Cristóbal Toral – Girl with the Pile of Suitcases via photopin (license)

小瓶やドライヤーなど、壊れやすいものはタオルや布でぐるぐる巻きにして、
かばんの中央部に納めましょう。

海外では、預け荷物は乱暴に扱われることもあります。
手荷物として持つ場合を別として、梱包方法は念入りに行います。

5.スーツケースに隙間を作らないほうが良い

8641270255_bef8f08e08_o
photo credit: Sydney Treasures Photography via photopin (license)

スーツケースには出来るだけ隙間が出来ないようにする方が安定します。
壊れ物がある場合も、びっちりおさまっている方が壊れにくくなります。

スーツケースの片側だけで収まるようだったら、
片面だけに詰め込んでしまうのも良い方法です。

6.洋服はなるべく少なく

485366022_5586766776_b
photo credit: Multicolor suitcases via photopin (license)

荷物の中で、かさになるのは何といっても洋服です。
できるだけ、着回しのきく服を持っていくようにします。

洋服の色を同系色で統一すると、着回しもしやすいです。

7.帰りのお土産用のスペースを確保

2549783609_47ecfb6257_b
photo credit: Packed… via photopin (license)

つい忘れがちになりますが、帰りのお土産用のスペースも考えておきましょう。

もし、すでにスーツケースが荷物でいっぱいな時は、
小さく折りたためるショッピングバッグなどを持っていくのもよいですね。

8.意外と便利なのはワンピース

967727862_f7f6303235_o
photo credit: via photopin (license)

ワンピースが一枚あると、少しフォーマルな場所にも着ていけます。
それに薄手のワンピースなら、それほど場所を取りません。

おしゃれなレストランやビーチにも着ていきやすいので、重宝します。

9.長期の旅行は綿パンのほうが便利

2687677529_5bf0e5ffc7_b
photo credit: via photopin (license)

カジュアルな旅行だと、ジーンズをはいていく人は多いと思います。
でも、ジーンズは洗濯した後、乾くのが遅いのが欠点。

長期の旅行には、ジーンズよりも綿パンの方がオススメです。

あれこれ悩みながら荷造りするのも、海外旅行の醍醐味ですよね。
荷物で辛い思いをしないように、コツをしっかりつかんで、うまくパッキングしましょう。





スポンサーリンク
スポンサーリンク