羽田深夜便で渡航する際の3つの注意点!海外旅行を楽しむために

羽田空港の24時間化により、深夜に出発する機会が増えてきました。仕事上がりにそのまま週末海外旅行に行くなど、首都圏に住む人達にとってはより海外旅行がより身近になりましたよね。今回は、そんな羽田深夜発の便を使って海外渡航する際の注意点についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




国際線ターミナル駐車場は常に満車

羽田深夜発の飛行機で海外とこうするときの注意、駐車場

荷物もあるし、時間的な問題もあるし、週末だけだし車で行こうかなと思う方も多いのではないでしょうか。

特に深夜発の便で出国する人の多くは、早朝に帰国する便を使う方もの多く、自家用車を使って空港に来られる方が多い傾向にあります。

でも、ここに知られざる意外な落とし穴が。

羽田の国際線ターミナルの駐車場は、国内線ターミナルの駐車場に比べ規模に対しての収容数が小さく、ことに21時以降の国際線ターミナル駐車場は常に満車状態。

時間的にも帰国便も少なく、入庫したい車に対し 、出庫する車が極端に少ない為、出庫待ちの列で長時間待つことに。

余裕をもって来たはずなのにギリギリに…という姿をしばしば見かけます。私は、こんな時はあえて国内線ターミナルの駐車場に停め、電車で移動をします。結果的にその方が時間も読め、安心です。

早期に計画をして、車でアクセスすることを考えている方は、事前に駐車場の予約をされることをオススメします。

この予約スペースも週末はかなり早い段階で満車になってしまいようですが、ネットで確認することができるのでチェックしておきましょう。

離陸後に配られる軽食には手を出さない

羽田深夜発の飛行機で海外とこうするときの注意、機内食

海外旅行の楽しの一つに機内食を挙げられる方も多いと思いますが、結構この機内食を出された分を全て食べてしまい、結果として調子を崩してしまう方も少なくありません。

飛行機という狭い空間、しかもずっと座ったままの状態で、次から次へと提供される食べ物を食べ続けていたら、健康な人でも調子を崩してします。

その上時間は深夜です。深夜に軽食とは言え日常では食べないですよね。

ここはもったいないからという心にグッと蓋をして、食べないという選択をした方が、現地に着いてからの体調を管理しやすくなります。

アルコール類も同様です。中年以降の男性に多いのですが、ここぞとばかりにビールをプシュッと開けてご満悦な方を見受けますが、それでなくても地上よりも気圧の低い機内ですからアルコールのまわりも早くなります。思わず2本目…などとなったら体に酔いが残った状態での現地到着となります。考えただけでもだるいですね。

深夜発の便、機内は「仮眠所」

羽田深夜発の飛行機で海外とこうするときの注意、機内では仮眠

昼~夕方発が多い欧米路線と比べ、夜間の出発が多い中距離路線は飛行時間が7~8時間前後と、機内サービスを全て満喫していると、結果して睡眠をとる時間がなくなってしまいます。

しかも、到着時刻が現地の午前中という設定が多いので、到着したらすぐに活動開始というケースが多いと思います。中距離路線の場合は機内でどう過ごしたかが、到着後のクオリティに直結します。

機内での時間を満喫するのか、現地に着いてからの観光を満喫するのかを天秤にかけるようですが、ご自身でどちらを優先したいかを踏まえた上で、CAさんの「何かお飲物でもお持ちしましょうか?」の誘惑と戦いましょう(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク