ネパールへの行き方、アクセス、ビザ

海外旅行が好きな人なら、一度は行ってみたい国のひとつがネパールではないでしょうか。ネパールはインドと中国の間、ヒマラヤ沿いに有る国です。エベレストに登る時にネパールのルクラという街がよく利用されています。

ネパールへの行き方、アクセス方法や入国時に必要なビザについてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

ネパールにはどのように行くの?直行便は有るの?

ネパールへの旅路

残念ながら日本からネパールへの直行便はありません。でも行き方は色々あり、1回乗換でネパールへ到着します。安価にすませたいというのであれば、中国東方航空等を使って2回乗換で向かう事ができます。

どの航空会社で向かっても、空港着陸前に空港の上空を旋回しながら着陸するので窓から雄大なヒマラヤを望む事ができます。

もし、3回乗換を苦としないのなら、中国国際航空を使ってチベットからヒマラヤ超えしてネパールへ向かい、ヒマラヤの上空からヒマラヤ山脈を見る事もできます。エベレストも見れますよ。

ビザはどうするの?

ネパールへの旅路

ネパール入国にはビザが必要です。日本で取得していれば何の問題も有りませんが、空港で比較的簡単にビザは取れます。

飛行機を降り、入国手続きをする場所に行くと、入国手続きの申請をするためのコンピューターボックスのような物が3台程置いて有ります。そこに入力します。

英語ができれば完璧。できなくても係の人が数人いて、かわりに入力してくれます。ネパールのビザ取得は、意外とすんなりとれるので、あまり構える必要はありません。入国の際の記入用紙も、多少適当に書いても、ビザをもらえます。大切なのは笑顔、笑顔でナマステーと言いながら、いざ入国。

空港を出るとタクシーが待ち受けている。どうする?

ネパールへの行き方、アクセス、ビザ

空港の建物を出る直前、出口の左側にタクシーカウンターが有ります。初めてネパールに来た、という方はそこでタクシーを頼むのがベストでしょう。でも、そこを見逃してしまった!という場合でも、外に出ればタクシーがたくさん待ち受けています。

何人かの運転手にホテルまでの値段を聞き、妥当な値段のタクシーを選びましょう。その時、荷物を勝手に運んで、チップをくれという男たちがいますが完全無視でOKです。

あ、両替は?

ネパールへの行き方、アクセス、ビザ

大抵の人は、とりあえずタメルのホテルにとりあえず滞在します。タメルの街に両替屋がたくさん有ります。店の表に出ているレートの看板を見て、レートの良さげな店で両替します。その際パスポートの提示が求められます。

さて、何処に行こうか。行くべきお勧めスポット3選は?

ネパールへの行き方、アクセス、ビザ

1・タメル周辺

タメルや隣街アサンはタメルのホテルから歩いて観光できる位置にあります。

加えてパタンは、テンプーやタクシーを使って20分程で行けます。これらの街には世界遺産が有りますが、その街並みや人々を見て楽しんでください。特にこれらの地域にはネワール族の古い建物が今でも使われていて、その景色は圧巻です。

2・ポカラ

ポカラはバスで行くと、タメル近くのバスターミナルから8時間程、飛行機だと、1時間程の場所に有る観光地で、ヒマラヤのアンナプルナを見渡す事ができます。

山が見える確率の高い、乾季に出かけましょう。ホテルと交渉し早朝にタクシーでサランコットに行き夜明けのヒマラヤを見てください。

3・チトワン

チトワンは、タメル近くのバスターミナルから6時間程、飛行機だと空港から1時間程で行ける国立公園です。

国立公園に入る前から街を歩くゾウに遭遇する等、良い衝撃を受けるはずです。国立公園内ではゾウに乗ったり、ボートに乗ったりしながら動物たちを間近に見る事ができます。

ネパールへの行き方、アクセス方法とおすすめスポットでした。ネパール旅行を計画している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーサイト