海外旅行に必要なお金、どう持っていくのがベスト?渡航先のお金の管理

海外旅行に行くことが決まったら、準備することはたくさんあります。中でも、お金をどのようにして持っていくかは気になる問題ですよね。海外旅行先でのお金の管理方法について、ベストな方法を考えてみたいと思います。

詳しく記事を読んでみる…

ミャンマー2018年10月より日本人観光ビザ免除

ミャンマー、バガン ミャンマー

ミャンマーの環境業が落ち込んでいることを受けて、アジアの数か国に対して観光ビザ免除を行うことが発表されました。これにより、2018年10月1日より、1年間日本人は観光ビザなしでミャンマーに入国できるようになります。

スポンサーリンク

ミャンマー日本人に対して観光ビザ免除

ミャンマー、バガン

ミャンマーは、現在ミャンマー国軍によるイスラム系少数民族ロヒンギャ迫害などの影響により、観光業が大きく落ち込んでいます。特に欧米からの観光客が激減しており、すでにホテル業関係や旅行会社の中には、社員を休職させてコストを削減しているところも出始めているとか。

それを受けて政府による施策として、今回発表されたのが、観光ビザ免除です。

これにより、日本人と韓国人は2018年10月1日より1年間(2019年の9月30日まで)、観光ビザが免除されます。これは、ミャンマーのすべての国境に適用されます。ただし、入国時に1,000米ドル相当の現金を所持していることが条件となります

中国人に対してもビザの優遇措置

 

パスポート

同時に、中国、香港、マカオパスポート保持者にもビザの優遇措置が取られます。同じく10月1日から施行され、ヤンゴン、マンダレー、およびNay Pyi Taw国際空港において50米ドルで到着と同時にビザが取得できるという措置です。

これにより、中国や日本、韓国からの観光客を増加させることが目的です。

観光ビザ免除により身近になるミャンマー旅行?

空港、飛行機

これまでは、事前に観光ビザを申請するか、ヤンゴン、マンダレーの国際空港での到着ビザを取得することが必要でした。これが、観光ビザ免除となると、日本人にとってはミャンマー旅行が身近になるといえるでしょう。

しかし、入国時に1,000米ドル相当の現金を所有していることが条件となり、この点はややハードルが高いと感じる人もいるのではないでしょうか。

日本経済新聞の記事によると、クレジットカード提示などの代替策を検討しているとの情報もありますが、まだクリアではありません。いずれにしても、ミャンマー旅行を計画している人にとっては、注目すべきメリットですね。

参考記事:Fixing the tourism industry(英文)

トップへ戻る