スポンサーリンク

カナダ入国に電子ビザeTAが必要に、2016年3月15日より

アメリカに入国するときには、たとえトランジットでも、ビザが必要です。ESTA(エスタ)と呼ばれるビザですが、このシステムがカナダにも導入されることになっています。

カナダのビザはeTAと呼ばれ、2016年3月15日からの開始になります。ですから、3月15日以降にカナダに入国する日本人は、このビザをあらかじめ取得しておく必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




日本人のカナダ短期滞在者は要取得

カナダ入国に電子ビザeTAが必要に、2016年3月15日より

カナダ政府の発表によると、2016年3月15日以降,カナダに空路で入国する際は,事前に電子渡航認証(Electronic Travel Authorization(eTA))を申請することが必要になります。

これまで、日本人のカナダ短期滞在者には、ビザの取得が免除されていました(6か月)。しかし、今後は、短期の滞在やトランジットであってもeTAの取得が必要になります。

2015年8月1日以前に就労または就学ビザの発給を受けて、カナダに滞在している方が、カナダ国外に出てカナダに再入国するときには、このeTAが必要になります。

eTAの申請方法

eTAは、オンラインで申請可能です。その際に必要となるのは、以下の3点です。

  • パスポート
  • クレジットカード(申請料の決済に必要、プリペイドカードやVISAなどのデビッドカードもOK)
  • Eメールアドレス

eTAの申請手数料は7カナダドル、有効期間は最長5年間(またはパスポートの有効期限まで)です。カナダに陸路または海路で入国する場合、eTAは不要です。

申請は、カナダ政府のホームページから、オンライン申請できます。

また,カナダ移民局のホームページでは,eTAについて日本語の説明も掲載されています。

The Government of Canadas official website to apply for an eTA. It only costs CAD. Help guides available in many languages.

詳しくは、下記に実際に申請した時の模様を書いておきましたので、参考にしてください。

カナダを経由する場合もeTAが必要

カナダ入国に電子ビザeTAが必要に、2016年3月15日より

カナダが目的地でなく、トランジット(乗り継ぎ)でカナダを経由する人も、eTAが必要です。

カナダ移民局の説明ではオンラインで申請できますので、渡航の直前でも取得することが可能と書かれています。しかし、カナダ渡航が決まったらなるべく早く申請する方が良いでしょう。

カナダ行きのフライトチェックインの際に、eTAを取得していないと登場を拒否されることもあります。

カナダ永住権保有者

カナダ入国に電子ビザeTAが必要に、2016年3月15日より

カナダに永住権を持っている人は、eTAが必要ありません。ただし、カナダのPRカードを携帯しておかなくてはいけません。また、米国永住権保有者がカナダに空路で入国する場合は、eTAが必要です。

実際にカナダeTAを申請してみた

実際にカナダのeTAを申請してみました。

申請は、オンラインで簡単にできます。個人情報を入力する画面は英語ですが、日本語のガイダンスがあるので、英語がわからない人でも自分で申請できます。

  1. まず、手元にパスポートと、支払い用のクレジットカード(デビッドカード、プリペイドカードなど)を用意します。

  2. カナダ移民局のeTAオンライン申請ページApply for an Electronic Travel Authorization (eTA)へアクセスします。

  3. Apply for an eTAというボタンをクリックして、必要情報を入力していきます。その前に日本語の入力ガイダンス(PDFファイル)があるので、こちらを開いておきましょう。eTAオンライン申請ページApply for an Electronic Travel Authorization (eTA)のApply for an eTAというボタンの下、Help with the form in other languagesの項目にあるJapaneseを選択しても同じページが開きます。

  4. 最後まで入力すると、手続き料金を支払うための画面に移動します。そこで、カード情報を入力して、送信します。

  5. 問題がなければ、数分以内にメールで返信が来ます。私の場合も、わずか数分で承認され、次のようなメールがきました。

Your application for an Electronic Travel Authorization (eTA) has been approved.You are now authorized to travel to Canada by air.
When you travel to Canada, you will need to bring the passport you used to apply for your eTA, as the eTA is electronically linked to it.
(あなたのeTA申請は承認されました。カナダへの空路での入国が可能です。カナダへ旅行する際には、eTA申請時に使用したパスポートを持参してください。あなたのeTA情報は、そのパスポートにリンクされています)

つまり、カナダへの渡航の際にeTAをプリントする必要はなく、申請時に使用したパスポートを持参するだけでOKということです。ちなみに、パスポートの更新などで新しくパスポートを再発行した場合は、再度eTAの申請が必要になります。

カナダに限らず、入国手続きに必要な書類は、その時期によって変更されることもあります。必ず、各大使館や観光局で確認するようにしてくださいね。

アメリカに入国するときには、たとえトランジットでも、ビザが必要です。ESTA(エスタ)と呼ばれるビザですが、このシステムがカナダにも導入され...
海外旅行に行くなら、やっぱり英語ができると便利です。言葉の違いは海外旅行のストレスの一つですから、そこをカバーできれば思う存分旅行を楽しむこ...