卒業旅行の前にチェック!国内線機内持ち込み制限について

大切な友人たちと最後の思い出作りをする卒業旅行。飛行機で遠出を予定している人もいるのではないでしょうか? ところで、飛行機にはたとえ国内線であっても、機内に持ち込める荷物にさまざまなルールがあります。当日、空港で慌てることのないよう、事前にしっかりチェックしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

機内持ち込み可能な荷物の大きさ

  国内線の機内持ち込み手荷物制限

国内線の飛行機に持ち込める荷物の大きさは各航空会社および搭乗する機種により異なります。

例えば、大手航空会社の一つ・JALでは100席以上の機種の場合、3辺の合計が115cm以内(幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内)、100席以下の機種の場合、3辺の合計が100cm以内(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内)で、それぞれ重さは10kgまでと決められています。

一方、LCCの一つ・ジェットエアーは幅56cm×高さ35cm×奥行23cmで7kgまでという規定です。登場する飛行機を決めたら、各航空会社のホームページで持ち込み可能な荷物の大きさをチェックしておくことが大切です。

機内持ち込みできない荷物

国内線の機内持ち込み手荷物制限、ゴルフクラブはNG

機内持ち込み荷物に入れることができないものも、各航空会社の公式ホームページで確認してみましょう。

例えば、ANAでは長さ60cmを超える大型の三脚やキャリーバッグ(サイズによる)などが、JALでは充電池の取り外しができないヘアアイロン、スプレー缶(用途、サイズによる)などが挙げられています。また、各社ともライターは1人1個のみの持ち込みとなっています。

これらの持ち込みできない荷物の基本的な考え方は、危険物・機内の荷物格納部に収納できない大きさの2つ。危険物には花火や火気類のほか、鋭利なもの、ゴルフクラブなども含まれています。

どうしても持ち込みたい時は?

国内線の機内持ち込み手荷物制限、楽器など事前に問い合わせ

大型の楽器や、規定サイズ以上のパッケージが必要な貴重品など、どうしても機内持ち込みの荷物にしたいという場合は、搭乗当日ではなく、事前に航空会社に問い合わせをしておきましょう。

通常の航空券の代金以外に、超過料金を支払えば、持ち込みが可能になる場合もあります。ただし、飛行機が混雑する連休や年末年始などは断られる可能性も高いので要注意。当日やっぱり持ち込めなかった……なんていうギャンブルをすることがないよう、事前に確認しましょうね。

事前に最新情報の確認を!

国内線の機内持ち込み手荷物制限

楽しい卒業旅行の前に、機内持ち込み可能な荷物をしっかりチェックしておくことが、旅行をスムーズに進める秘訣の一つです。たとえ国内線であっても、飛行機はその他の公共交通機関とは異なる独自のルールがありますので、時間と荷物のゆとりをお忘れなく!

スポンサーリンク
スポンサーサイト