必見! 女性の海外一人旅を安全にする5つのコツ

最近増えている女性の一人旅。日本国内だけでなく、海外へも果敢にチャレンジする女性も多くなりましたね。「私もチャレンジしてみようかな」と考えている女性が、ふと気になるのは旅の安全性だと思います。女性の一人旅を安全にするコツを考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




1.危ない場所には近づかない

女性の海外ひとり旅を安全にするためのコツ、危険な場所には近づかない

まず一つ目は、当然のことですが、危険な場所には決して近づかないことです。

ガイドブックなどに載っている、「治安の良くないエリア」「夜の一人歩きは控えるべきエリア」は、例え日中であっても、近づかないようにしましょう。「現地の女性が一人で歩いているんだから大丈夫」というのは、カン違いです。彼女たちはその街の普段の様子を熟知しているのですから、基本的に私たち外国人とは異なります。

無用なトラブルに巻き込まれることを避けるためにも、危険な場所に近づくのはやめましょう。

2.肌の露出をさける

女性の海外ひとり旅を安全にするためのコツ、肌の露出を避ける

二つ目は、オシャレを追求しないこと。海外でよく言われるのは、「日本の女性のファッションは極端」というものです。

短いミニスカートは海外ではセレブやショーガールなどを想像させますし、過度に肌を露出した服装もタウンユースには不向きです。

どんな場所でも自分らしいファッションに身を包みたい気持ちもわからないことはありませんが、できる限り肌を露出しないカジュアルなパンツスタイルをオススメします。

3.お守り代わりにも!防犯グッズ

防犯ブザー 防犯アラーム 防犯ベル 防犯グッズ 大音量アラーム 120デシベル (ホワイト)

新品価格
¥880から
(2016/1/26 03:05時点)

三つ目は、防犯グッズを所持しておくことです。バラエティショップなどに売っている防犯グッズは日に日に進化をしています。声を出しずらいシーンで音を発してくれるブザーや、携帯電話につける簡易懐中電灯など、音や光を発する防犯グッズは万が一犯罪に巻き込まれそうになった時に女性の身を守ってくれます。

実際に使う使わないは別として、持っておくだけでお守り代わりにもなりますよ。

4.愛想笑いは必要ない

女性の海外ひとり旅を安全にするためのコツ、愛想笑いは必要ない

日本人女性の笑顔は、外国人にとって、とても魅力的に映るようです。そう聞くとうれしいような気もしますが、不必要な愛想笑いは海外の男性をカン違いさせてしまう原因にもなるんです。

余計なトラブルを避けるためにも、不必要にニコニコ愛想を振りまいたり、困ったときに笑ってごまかすのは、やめた方がよいでしょう。とはいえ、笑ってごまかす癖がついているのは、なかなか治せないものです。「ここは海外!」と気を引き締めて、用心してかかるしかありませんね。

5.お金の管理

[ドイター] deuter セキュリティーマネーベルト D39230 7410 (ブラック×グレー)

最後は、一人旅に関わらず旅に出る人すべての基本、お金などの貴重品はきちんと管理することです。

お金は何か所かに分けて持ちましょうとか、貴重品はウェストポーチになど、さまざまな管理方法が出ていますが、私の経験上、管理方法はそれぞれが一番やりやすい方法でいいかと思います。

突如、普段使わない場所に貴重品をしまい込んで、逆に必要な場面で見つからずあたふたする人を、過去何度も見かけました……。いつも通り、だけど少し気を引き締める。この感覚を維持していれば、貴重品の管理もうまくいくと思いますよ。

コツを抑えて安全なひとり旅を

女性の海外一人旅を安全にするコツ

国内海外を問わず、一人で旅に出る女性が増えている分、女性が犯罪に巻き込まれるトラブルもよく耳にするようになりました。楽しい一人旅を安全に行うためにも、しっかりと気を引き締め、いざという時には自分を守れるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク