海外旅行に必要なお金、どう持っていくのがベスト?渡航先のお金の管理

海外旅行に行くことが決まったら、準備することはたくさんあります。中でも、お金をどのようにして持っていくかは気になる問題ですよね。海外旅行先でのお金の管理方法について、ベストな方法を考えてみたいと思います。

詳しく記事を読んでみる…

タムコック(ニンビン)、ホアルー1日観光ツアーのレビュー(ハノイからの日帰りツアー)

タムコックツアーボート ベトナム

ハノイから日帰りツアーとして人気のある、ニンビン省タムコック~ホアルーのツアーに参加しました。その時の様子をレビューします。

スポンサーリンク

朝8時ごろにホテルまでお出迎え

タムコック ツアーのバス

タムコック ツアーのバス。

ホアンキエム湖周辺にたくさんある旅行会社の一つに飛び込みで予約しました。英語のツアーガイド、昼食付、ボート乗船料込で、US$35。内容は、ホアルーの寺院見学、タムコック川下り、サイクリングですが、私の母は膝が悪いのでサイクリングはなしで参加しました。

朝8時から8時15分の間に宿泊しているホテルまで迎えに来てくれるとのことでした。ガイドさんは少し早く到着したみたいで、7時55分ごろにホテルの部屋に電話がありました。「すぐに降ります」といってホテルのロビーにおりたものの、すでに他のツアー客を先にピックアップしに行ってしまったようです。結局、再度ピックアップに来てくれたのは8時半ごろでした。

 

英語のツアーガイド付き

タムコック ツアーバスの中

タムコック ツアーバスの中。マイクで話しているのが英語ツアーガイド。

バスの中はこんな感じ。ツアー参加者は、今回18名で、日本人は私たちだけでした。他のツアー参加者はマレーシア人、オーストラリア人、英国在住のベトナム人、イタリア人、スペイン人など、各国から参加者が集まっています。

この日の英語ガイドは若いベトナム人男性でしたが、日本語を勉強中ということで、片言の日本語でフレンドリーに接してくれました。

ホアルー古都探索

ホアルー

ホアルーはベトナム最古の首都です。わずか42年しか続かなかった首都ですが、3人の皇帝が入れ替わり統治しました。初代皇帝と2代目皇帝をまつった寺院を見学します。

 

ディン・ティエン・ホアン廟

ディン・ティエン・ホアン皇帝が祭られている廟

ここでハプニング発生です。ホアルー古都の観光を終えてバスを停車させている場所まで戻ってくると、なんとバスドライバーがお腹を下してトイレから出てこられないと…。

どうすることもできず、彼のお腹が落ち着いてトイレから出るまで10分ほどそこで待たされることになりました。

 

昼食はビュッフェ

タムコックツアーランチ

このツアーにはランチが含まれています。昼食は、タムコック川下りのボート乗り場のすぐ近くにあるレストランでいただきました。ビュッフェ式になっており、西洋食っぽいものから、フォーや春巻きなどベトナム風の料理まで、自分で好きなものを食べることができます。

 

タムコックツアーランチ2

タムコックツアーレストランのビュッフェ

 

タムコックツアーランチ3

タムコックツアーのランチ。ベトナム風春巻きやフォーもあります。

 

タムコック川下り

タムコック川下り

昼食を終えると、いよいよボートで川下りです。ボートは小さいので、基本的に2人乗客+船頭さんという人数配分です。船頭さんは英語や他の外国語はほとんどできないので、特に会話という会話はありません。

タムコック鍾乳洞

器用に足でボートを漕ぎ、3か所の鍾乳洞を含むコースをゆったりと回遊していきます。

タムコックツアー(ニンビン)ボートで鍾乳洞訪問(1)

鍾乳洞は3つありますが、水位によってはかなり狭い鍾乳洞をくぐることになります。鍾乳洞の天井に頭をぶつけないように注意しましょう。

タムコックツアー(ニンビン)ボートで鍾乳洞訪問(2)

鍾乳洞を通り過ぎると折り返し地点があり、果物などの売り子が船に乗ってフルーツを売りにきます。別に買わなくてもかまいませんが、けっこうしつこいです笑。

タムコックツアー(ニンビン)ボートで鍾乳洞訪問(3)

ボート川下りは約1時間程度で終了です。乗船料はツアー料金に含まれていますが、船着き場に近づくと船頭がチップを求めてきました。1時間も船を漕いでくれてたいへんだと思うものの、特別フレンドリーでもないし説明をしてくれるわけでもないので、チップを渡さなくてはいけない理由が分かりません。

それでも、船着き場に降りてからもしつこくチップをよこせというので、ポケットに入っている小銭9,000ドンくらいを渡しました。そうすると、今度はチップが少なくて文句を言っています。

あまりに腹が立ったので、「じゃあ、返して!」と日本語で言って、その手から渡したチップをもぎ取りました。特別なサービスをしてもらったわけでもないし、愛想も悪いので、チップは特に必要ないと思います。

 

途中で立ち寄った休憩所

タムコック ツアー刺し子

ここで、ツアーのメンバーはサイクリングに出かけました。昼食をとったレストランで自転車を手配でき、約30分ほどのサイクリングツアーです。私たちは、母が膝が悪く、サイクリングはパス。代わりに昼食をとったレストランでビールを飲みつつ、ゆっくりさせていただきました。

上の画像は、来る途中でよったトイレ休憩をかけた土産物店です。ベトナム刺繍など、主なお土産が購入できます。

 

19時頃ホテル付近で解散

予定では18時にハノイに戻るということでしたが、この日は少し時間がかかり、19時頃ハノイのホテル付近で解散となりました。ハノイについてから、各参加者の宿泊ホテルに近いスポット数か所にとまり、逐次参加者を下車させていきます。

バスに乗っている時間は片道2時間くらいですが、バスの座り心地はあまりよくなく、思っているよりも疲れました。

でも、ベトナム最古の首都見学や川下り、サイクリング(参加しなかったけど)と、なかなかボリュームたっぷりのアクティビティだと思いました。

このツアーは人気のコースなので、ハノイ市内の旅行会社ならたいてい扱っているようです。また、毎日行われているようなので、私たちのように前日予約も可能なようでした。興味のある方は、ぜひ、挑戦してみてくださいね。

 

 

トップへ戻る