海外旅行に必要なお金、どう持っていくのがベスト?渡航先のお金の管理

海外旅行に行くことが決まったら、準備することはたくさんあります。中でも、お金をどのようにして持っていくかは気になる問題ですよね。海外旅行先でのお金の管理方法について、ベストな方法を考えてみたいと思います。

詳しく記事を読んでみる…

ベトナムハノイ市内半日観光ツアーに参加したレビュー【VELRTA】

タンロン城 ベトナム

ベトナム、ハノイには、観光スポットが点在しており、徒歩出回るのは少し時間がかかります。ですので、サクッと手早く回りたい方には、半日/1日市内観光ツアーがおすすめです。

今回は、VELRTAでハノイ市内半日ツアー日本語ガイド付きに参加してみました。その体験と感想をレビューします。

 

 

スポンサーリンク

宿泊しているホテルまでお迎え

朝8時に宿泊しているホテルまで日本語ガイドさんが迎えに来てくれます。送迎があるホテルは、エリアで決められているので、申し込みの時に確認しておきましょう。

私たちが宿泊したホテルは、朝食が6:30から始まるので、ゆっくり朝食をとっても余裕で間に合う時間です。朝8時集合というと、ちょっと早いかなと思うかもしれません。でも、日本とベトナムとの間には2時間の時差があり、ベトナムの午前8時は日本の朝10時なので、意外とつらくありませんでした。

ツアーの日程によっては、他の日本人観光客の方と一緒になることもあるかもしれません。このときは、私たち2人だけだったので、ガイドさんがタクシーを手配しながら観光スポットを回ることになりました。

 

文廟門

文廟

ベトナム最古の大学です。現在は大学としては機能しておらず、一般に開放されています。歴史を感じさせる白壁の門が印象的です。

中には、熱帯風庭園が美しく手入れされており、盆栽のようなものも配置されていました。

 

タンロン城址

タンロン城

昔の王室が居住していた、タンロン城の遺跡です。「タン」は登るという意味で、「ロン」は竜を指しています。つまりタンロンは「昇龍」という意味になります。これは、竜が王室のシンボルであり、ベトナム王朝の威力を示していることに由来します。

タンロン宮殿はフランス軍によって破壊されたため、現在は一部しか残されていません。しかし、発掘作業では考古学的価値のあるものが多数発掘されています。

タンロン城展示場

タンロン城展示場

敷地内にはこれらを展示した建物があり、じっくりと見学できます。

 

ホーチミン廟

ホーチミン廟

ホーチミンの遺体が安置されています。ホーチミン廟の前面には広場があり、そこで1945年9月2日、ホーチミン氏によってベトナムの独立が宣言されました。

ホーチミンは生涯独身でしたが、ベトナム国民に「ベトナムの父」として敬愛され、家族同然として亡くなりました。ホーチミンは自分が死んだ後は火葬にしてほしいと遺言で残していたそうですが、実際にはその遺体が保存され、このホーチミン廟に安置されています。

ホーチミン廟の中に入るには厳重なセキュリティチェックがあり、カメラやタブレットなどの比較的大きな電気機器(携帯電話はOK)、ミネラルウォーターや大きなバッグは、入り口で預けなくてはいけません。

国会議事堂

国会議事堂

外務省

外務省

ホーチミン廟に隣接して、ベトナムの国会議事堂と外務省の建物が見えます。

 

一柱寺

一柱寺

ホーチミン廟から歩いていくことができます。一柱寺は、名前の通り一本の柱の上に作られたお寺です。現存するものは建設された当時のままではなく、建て替えられたものですが、原形よりも小さな規模で作られています。柱も現在はコンクリートですが、当時は岩で作られていたそうです。

 

休憩(土産物店)

ベトナムハノイのお土産屋Coco Silk

「休憩のため」という説明がありますが、お土産屋さんに連れていかれます。「別に買わなくてもかまいません」といわれるので店内を見るだけでいいですが、お店の人は何かと売りに来るので、興味がない人はさらっと流しましょう。

日本語ガイドのツアーなので、日本人が好きそうな店に連れて行ってくれます。ちょっとこじゃれた雑貨をお土産にしたい人は、この機会に購入するのもアリです。私たちの時は、西湖付近の土産物店を2点ほどまわりました。その中の一店でアオザイ風のワンピースを購入(3900円程度)。アオザイはいいものがあれば1枚買いたいと思っていたので、私たちにとってはラッキーな結果になりました。

 

ホアンキエム湖

ホアンキエム湖

土産物屋で一息ついた後、ハノイ市民の憩いの場でもあるホアンキエム湖に行きました。ホアンキエム湖では、写真を撮ってそこから旧市街の方へ散歩します。

旧市街には35の通りがあり、主に「Hang(ハン)~」という名前が付いています。Hangは「品物」を意味しており、その通りで扱われれている商品名がその後に来ます。銀製品の通りや金物通り…といった具合ですね。

というようなガイドの説明を聞きながら、旧市街を散策した後、ランチの場所へと移動します。

 

ランチ(ベトナムフォー)

ベトナムフォー

半日ツアーに含まれるランチ、ベトナムフォーは牛肉と鶏肉から選べます。

ランチは旧市街からタクシーで10分程度の場所にある、レストランでした。鍋が有名らしく、ランチタイムでもエアコンの効いた室内はいっぱいでした。

フォーは、牛肉か鶏肉が選択でき、ガイドさんに伝えるとオーダーしてくれます。フォーはツアー料金に含まれますが、飲み物は別なので、ビールなどの飲み物が飲みたい人は別に注文してもらいましょう。私たちもビールをいただきましたが、ハノイビール小瓶が18,000ドンと、レストランとしてはリーズナブルでした。

 

ホテルにて解散

ランチを食べ終えた後は、宿泊しているホテルまで送ってもらってそこで解散となります。通常はだいたい12時ごろに終了するようですが、私たちは土産物屋でゆっくりと買物したのでほとんど1時くらいになってしまいました。

それでも、日本語ガイドの方はにこやかに対応してくれ、チップなどを請求されることもありませんでした。とても気持ちよく、しかも効率よく半日観光ができ、満足度の高いツアーでした。

 

今回利用したツアー会社は:

゜:*★ベトナムのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

 

トップへ戻る